キレイになりたいならまずはお通じを良くすることが大事!

女の人

糖質オフのパンでダイエット

ダイエットをする上で糖質の管理は必要です。糖質は人間のエネルギー源として欠かすことが出来ない成分なのですが、過剰摂取すると脂肪に変わってしまい、お腹や二の腕など体のあちこちにムダなお肉がついてしまいます。そうならない為にも、糖質を制限した食事は大切です。普段主食をパンにしている人は、糖質オフのパンに変えることをお勧めします。

女性

女性に多い便秘

いくら、糖質オフのパンを食べても便通が以前から悪いままである場合、ダイエットが上手く進みません。男性と女性では女性の方が便秘になり易いと言われています。その理由は、女性は男性より筋肉が少なく体温も低いので新陳代謝が低いと言われています。ですから便を押し出す力も男性より弱いので便秘になり易いと言われています。また女性は排卵期や生理などホルモンバランスも変動します。このホルモンバランスの変化によって便秘になり易くなるのです。便秘は、ダイエットの敵でもあるのでしっかり改善しておきましょう。

ファミリー

腸内環境を整えよう

便秘を改善するには、腸内環境を整える必要があります。腸内には善玉菌と悪玉菌が存在します。この善玉菌と悪玉菌は腸内でバランスよく生存していますが、このバランスが乱れて悪玉菌が優位になると腸内環境は乱れてしまい、便秘になります。食物繊維が不足すると、便の柔らかさも量も不足し、便秘になり易くなるのです。

便秘を解消する方法

男性

食物繊維を摂取

食物繊維には水溶性と不溶性の2種類があります。水溶性食物繊維は便の量を増して便を出やすいように柔らかくしてくれます。そして、不溶性食物繊維は腸内を刺激して便意を催しやすくします。水溶性の食物繊維は海藻などに含まれ、不溶性食物繊維は野菜などに含まれています。

水分を摂取

水分を摂取することで、便に適度な柔らかさを与えます。便が固いと腸管内をスムーズに移動することが出来なくなってしまうので、便が滞りやすくなってしまいます。硬水だとミネラル分が多いので適度に刺激して便の排出をしやすくします。

浣腸をして刺激

何日も便が出なくて苦しいという人は、浣腸を使用してみましょう。肛門から薬を入れることで腸を刺激し、3〜10分で便がでるようになります。ただし頻繁に使用すると体は慣れてしまい、効果がなくなってしまうので頻繁に称しないようにしましょう。

漢方薬を使用

漢方薬は自然界に存在するものを使用しているので、体への負担も軽く、自然なお通じがきます。大阪に漢方薬局があるのですが、漢方は薬と違って体への負担が軽く、お子様でも飲めるようなものがあります。薬より効果が低いので最低3か月は服用するようにしましょう。

運動をして腸に刺激に与える

運動をすることで腸を刺激して便秘を解消すると言われています。ウォーキングをして腸を刺激してみたり、オイルを使用して時計回りにおなかをマッサージしたりするのも効果があります。うつ伏せになって両足と膝を抱え、左右にごろごろ転がると腸を刺激して便意を催します。

広告募集中